住宅ローンが足かせに・・・

一生シングルと思っていても、急に結婚が決まったり、転職で引っ越したり、親が高齢になって実家に呼び戻されたり…。1人暮らしの人はライフプランが変わりやすいのが特徴です。人生の転機が訪れたときに、住宅ローンを借りていることが足かせになってしまって、身動きが取れなくなってしまった、などということにもなりかねません。目いっぱいのローンを借りてしまっては、その後のマネープラン、ライフプランを拘束してしまう可能性があるのです。老後資金作りとの兼ね合いも、1人暮らしの人が住宅を購入する際にぜひ考えておきたいポイントです。夫婦2人の年金を合わせて暮らせたり、子どもと支えあったりできるファミリーと違い、1人暮らしの人は、自分の老後の生活は自分で責任を持たなければなりません。そのためにも、毎月返済額が手取り月収の25%以内に収まるように計算して、借入金額を決めるとよいでしょう。この割合では、教育費などの負担がない1人暮らしの人ならば、返済に少し余裕があるかもしれません。その分は、老後のための貯蓄をしたり、繰り上げ返済に回したりして、将来的な負担を軽くするよう心がけましょう。物件を探すときに、1人暮らし用と割り切って、ワンルームを安く購入するのも1つの方法ですが、最初から2LDK以上の広めの部屋を逃んでおくのも賢い選択です。広めの部屋を選んでおけば、将来的に家族が増えたとしても住み続けることができます。登記簿上の床面積が、50㎡以上の部屋を選べば、税制上のさまざまな優遇を受けることができます。たとえば、住宅ローン減税を適用するには、床面積50㎡以上という条件が欠かせません。不動産取得税や、固定資産税に関する優遇を受けるためにも、床面積50㎡以上の条件をクリアしなければならないのです。また、頭金を増やすために、住宅取得資金の贈与税非課税枠を使うときにも、床面積50㎡以上の条件があります。ライフプランの変わりやすい1人暮らしの人は、一生ものと思って買った家でも、一生住めるとは限りません。1人暮らしの住宅購入計画は、10年後、20年後に売ることや人に貸すこともイメージして立てることが大切です。買えば不動産の価格が上がった時代は、過去のものとなりました。売りたいと思ったときに、住宅ローンの残債以上に不動産の価格が下がってしまっては、売るに売れない状況になることも。そうならないためにも、頭金は多めに入れるとよいでしょう。

毎日のお風呂をもっと楽しく!こちらのウェブページでは、今よりも快適にお風呂タイムを楽しんでいただけるグッズや、効果的な入浴方法等をご紹介しています。読んだらあなたのお風呂タイムが今までよりも充実するかもしれません。・・暑い夏は入浴しない、シャワーを浴びるだけというシャワー派にオススメはシャワーヘッドについての記事。シャワーヘッドを変えると水道代をグッと節約できるそうですよ。一日の疲れを取るのはお風呂・・と考えるゆっくり入浴派には効果的な入浴方法の記事がオススメです。入浴する湯の温度によっても得られる効果が違ってくるんです。・・などなど、お風呂のお役立ち情報が満載です。毎日のお風呂時間を今までよりも快適に、楽しく過ごしましょう!